ピルの飲み方について

ピルというと、日本では避妊の為に飲むというようなイメージを持つ人が多く海外の国に比べて使用されている人が少ないのが現状です。
ですが、ピルは高い避妊効果の他に生理痛やPMSの軽減や生理不順の改善等様々な効果が期待できる物です。
月経の周期をコントロールする事ができるので、旅行等の予定日に生理がこないようにする事も可能です。
そして長期的に服用する事で卵巣ガンや子宮体ガンのリスクが減るとも言われています。
ピルの飲み方としては、女性の生理周期に合わせて21日間服用し7日は休むという28日周期が基本となっています。
ピルには、ホルモンの配合量がずっと変わらない一層性の物と途中で何段階かに分けて配合量が変わる段階型の物があります。それぞれに良い点があり、一層性の物は飲み間違いが少なく済みますし、段階型の物は総ホルモン量が少なく済み、不正出血の出現率が少なく済むと言われています。
そして、ピルには21錠入りの物と28錠入りの物があります。21錠入りの物は21日間服用し、7日間は服用をお休みします。
28錠入りの物は、21日間はホルモン入りの物を服用し残りの7日間はホルモンの配合されていない偽薬を飲むという物です。ホルモンが配合されていないので、7日間は休薬しているのと同じ事になりますが、ずっと続けて飲むことで次の周期の飲み始めを忘れないように工夫された物です。
飲み忘れが多いときちんとした効果は得られないので、毎日忘れずに服用する事が大切です。
最近ではインターネット等でも売られており簡単に購入できるピルですが、疾患等様々な事情でピルの服用を避けた方が良いという人もいますし、何か変化があった際に医師に相談する事もできるので、病院を受診して医師に処方してもらうのがお薦めです。

■避妊対策にピルの準備はお済みですか?
ピルで避妊バッチリ
■低容量ピルとして国内で多く飲まれているお薬はこちらから
トリキュラーの活用ガイド

ページの先頭へ戻る